10/09 水郷(バス釣り)
2017-10-17 Tue 09:43

三連休、最終日がフリーとなったので釣りを企画。
最近楽しいハゼもよい時期らしい。秋口はサイズが良くなるとか。
でも1日フリーなので、少々逡巡して水郷へバス釣りへと決定。
ロッドホルダーをバッグに固定してみたりFlame仕様にしたりと細工もしたしね

で思わず寝坊からスタート。6時過ぎに起きてがっかり感を持ちつつ
8:00過ぎに横利根着。
ホントは違うとこで様子見てからと思ったのですが計画変更。
横利根で連休中といえば、ヘラ師さんですが利根川寄りはあまり居なかったのでスタート。
相変わらずクリア状態をキープ。でもノー感。
場所を変え大曲までいくも、ヒットはギルだけ。てか見えギルで遊んでしまいました。
・・・反省しています
先行者さんと話でもそんなに良くないとのこと。まだ雨の影響とか3連休最終日とか?

その後高橋川方面へ移動。途中の珍来軒に思いをはせながらいくと休業。こんなとこもがっかり。
その先にある、混んでいる一遊というラーメン屋さんに入ってみた。


想像以上にデカ盛りでした。味は違えども二郎のような野菜大盛。うまかったです。


で高橋川は激濁り。小河川だから仕方ないか、でも上のほうまで濁りとは。
以前良型をキャッチした子場所も濁り&先行者でNG。
そこから上流の橋や、青木大介場所を投げてみるもサカナっ気はありそうなのですが。
以前クリアの際に浅めのトコに鯉の軍団をみたのでたぶん鯉かと。




失意のまま南水路方面へ移動。
この辺でベイトに巻いたラインが崩壊。軽めスモラバを投げ続けたので緩んでたかなぁ。
軽度のバックラと思いきやどうにもならなくなりました。

こちらも人はあちこちに居ます。実績場所に入るも何も起こらない時間が過ぎるのみ。
で、底の見える浅浅でさっきまで先行者さんがいた足元でまさかのバイト。油断しすぎで無念のバラシ。
うん、激浅なトコでも居るのは重々承知。

がっかりしながら横利根へ舞い戻る。
狙いの場所は先行者さんが居るので、離れた子場所を。浅くても居るんだよね~。
と二度目のバイト!!。がカカリも浅かったのね。小型のバスを見送りました。

その後も護岸沿いを攻めつつ、石積みの沖のブレイクも意識したりしたんだけどこのまま終焉。
連休最終日なので渋滞を加味して少し早めに納竿です

手返しよくベイトでスモラバ撃ち/ネコでフォローという妄想が瓦解し残念な1日で終了。
この時期バスは散るといわれてますが、居るトコにはいるのしょうが探せなかった。

このままでは近シーズン終われない。11月頑張る。なんか寒そうだけど。。。

スポンサーサイト
別窓 | バス釣り 釣行記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
水郷にいかない釣行記(要はハゼ)
2017-10-05 Thu 00:37
その後も2回ハゼに出ました。釣り場まで至近が大きいです。
最近は1時間くらいでコンスタントに10匹以上はあげれるようになりました。

タックル:
昨年はハゼクラで撃沈。今年はエサ釣りオンリー。
2.7mの小ぶりの振出竿も購入。900円位と格安。

仕掛けは基本ミャク釣り。ラインで感じて釣るスタイル。
ダイワファントムSM5のオールドベイト構成も投入しちゃってます。




ハゼのビンビン感は楽しい。アワセがもう少し上達すると数が増えるかと。

エサ:
100円の冷凍エビから200円の冷凍ボイルホタテへ。
エビもよかったのですが噂にたがわずホタテは反応良い。良すぎ。
ただ、ハリの付け方がいまいちでエサ持ち悪くて、最悪水面に付くまでに落下したりと。
この点を改善して手返しよくすると正直もっと釣果あがるかと。
まだまだ改善余地アリアリです。

場所:
自転車移動はかわっていません。近所の川もいきますが、少し足をのばして水路の橋脚周りを
落とし込み的に釣っています。
以前御朱印巡りで橋を通った際に見えハゼたくさん見えた場所があって、そこに行ったら
やはり釣れました。
毎回発見もあり楽しんでます。秋はよいシーズンのようなのでも少しハゼで遊ぶか。

つーかママチャリ限界。クロスバイク購入計画絶賛進行中!

簡単に楽しめるハゼですが奥も深くしばらくは探求しそうです。
ちょこっと行けるのが何よりもよい、よすぎる!

ってバスを忘れているわけではありません。10月は行けるといいなぁ。

ABUのランガンメッセンジャーバッグに、ダイワのロッドホルダーを固定しました。
Flameのパッチもつけました!

ロッドホルダーはフィールド実証せねば

別窓 | ハゼ釣り他 釣行記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ハゼ釣りその後
2017-09-16 Sat 00:28
自転車でお手軽ハゼ釣り、ハマってまいりました。
ちょっと時間ができると自転車に乗ってます。
最近2回行きまして、1回目:6匹、2回目:13匹。
バスと違ってサクサク釣れます。

エビスブラックロッド大活躍。30年程度の時を経て釣り場に投入されるとは
ロッドも、私も思っていませんでした。
Youtubeとかを参考にしたりしていて色々考えたりしています。
今は基本のミャク釣りですが、仕掛けも見直そうかなとか。
今は手竿ですが、次はリール使ってミャク釣りにトライかな。
ハリもヘラスレからハゼ向赤ハリに変えてみました。無論カエシは潰してます。手返し・リリース重視。

Youtubeでベイトで落とし込み釣りをしている動画を見ました。
なるほど、と。
基本タックル新調は今時点ではありません(たぶん、きっと・・・(笑))
実は携行性の高い小継の延べ竿ほしい。。。。

ベイトかぁぁぁ。投げないので小型であれば良しなんだが。
あ、これも30年前にかったのがあるわ・・・ダイワファントムSM5!
確かほとんど使ってなかったような。スプールもちゃんと回るし。
ロッドは・・・同時に買ったファントムのガングリップのロッドもありますが。

ここはFlameを。
すっかり自分でも忘れてましたが、FGC-502がありました。
フローター用の柔らかめのベイトロッドですな。
なぜあるかということ、10数年前にフリマで買いました。
朝に一度見たとき12000円で売ってて、用途もないのでスルーしてましたが
夕刻もう一度みたら5000円でいいよ、と言われ即バイト!
Flameだし買っとくか的な・・・。
でようやく、ようやくこの柔らかい竿の出番があるかもしれない。
ハゼ用途にどうなんでしょ?
小さいあたりですがこのセットで敏感にとれるかな?
次回にもトライしてみます。

別窓 | ハゼ釣り他 釣行記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
夏休みの〆 8月21日 平日釣行
2017-09-15 Fri 18:21

久々の平日釣行。前回は初の須田さんガイドを受けて色々幅が広がった感があるのですが
さて実際はどうなのか。

まず、前回いった川へ。記憶があいまいで車で迷ったのは内緒。
危うく狭狭の道に入り込んではまるとこでした。
平日でも先行者がいる。


リグはもちろん、PTD withゲーリーの6inグラブの胴体カットVer。(合計10g程度)
下流域から入り、どんどん上っていく感じで。水質はいまいちなような。
サカナ反応がなさすぎる。
めぼしいポイントをうてみますがノ-感。残念感を引きずって横利根へ

誰もいない。しかも変わらずクリアな水質。
常連っぽいヘラのおじさんとこのクリア具合に関してお話タイム。
やっぱり水門を閉めっぱなしが影響のようですね。
ヘラ船ポイントもとてもクリア過ぎて釣果に悪影響のよう。開門切望のようでした。
横利根自体水位の大増減がない場所なのでタイミングなんですかね。

個人的にはこのままでもいいです(笑)
なぜなら・・・シェード部分をそっと狙って杭複合ポイントにPTDをゆらゆらすると・・・
表層近くでPDLをひったくる瞬間バッチリ見えました。アドレナリン放出!!
杭に巻かれるも誘導がうまくいって無事ランディング。12lbでセーフ。


43cmのナイスサイズ。

底でなくてシェードなのか。その後似たような場所重点的にPTDユラユラと・・


で、35cm程のバスをキャッチ。

一時的なものでしょうけど沈みもの加減もわかるしいいクリア横利根いい経験です

移動です。
小川(水路?)を探索で入ったところ。こちらはいつもの濁り系。
良さげにも見えますがノー感。経路しては繋がっているのでバスもはたぶんいるのかな?
また時期を変えていってみるポイントとしてチェック。

昼を挟んで、以前チェックした城下川へ。今回は上流へ上ってみることに
コイは至る所にもうたくさん。浅いからよく見えます。
肝心のバスはいなそう。上流から下ってくると堰を発見。


カスミ本湖からはこれ以上はサカナは登れないのね、ということがわかりました。
足場の高いとこから撃ってみるも全く何も起こらず。
城下川を調査するのは完了。感触としてはしばらくこないかも。全体的に小場所だし。休日釣行は
人が入れかわり入るので難しいと思っています。
そのあとカスミ本湖の水門を2,3打つもこっちもダメ。

ガイドで行った川とその付近探索へ。
午前中とは別の場所。ストラクチャ等変化をある部分を中心に。
・・・出ません。しかも雨がぱらつく状況に。
前回は釣れたのでそんなスポットをうちまくってみましたが反応無し。
あ、ヘビが泳いでました。凝視してると護岸上ってきました。ちと怖い。
その後も目新しかったり、気になった個所をうったあと
再度クリア横利根にいきましたが午後は残念ながら結果がでず終了となりました。

午前の連発がピークでした。
ややこしいところを太いラインで釣りきれたのはガイド後の成果かな。
今まで敬遠がちな釣り方もまずはやってみるのが大事なことですね。今更ですが

別窓 | バス釣り 釣行記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
前回釣行を踏まえつつ雑記(タックルあれこれ)
2017-08-24 Thu 18:51

8/10,11の釣行でベイトタックルを1日投げ倒すという今まで実はしたことない釣り方をしました。

リグがスモラバという軽めリグで。

ややこしいところも攻めやすく抜き上げも安心で今更ながらアリ感が。

PTD(プロズチューンドデバイス)は1/8oz(3.5g)、テナガホッグは5.5g=9gあれば投げれます。

勝手に使っていたらオールド化しているのでベイトフィネス?なにそれ?なタックル構成ですが

少々重さはありますが対応はできました。

テナガホッグはないので、代替のきくそれなりのワームはと。

ゲーリーの5in程度のグラフが使わずにあったので胴体を切って5gになるようにしました。

なんかいい感じ。

リールは丸型好きなので、いまだにAbu ambassador Morrum SX3600C Hi-speedです。せめて1600だったらと。

帰ったら急にメンテしたくなって、ネットで動画を見ながらAbuOILを挿しました。

末永く快適に使うためにもメンテ・オーバーホールの必要性も感じました。

あと1台、これも丸型のリョービ バリウスF300もあります。こっちもF200だったら・・・。

リールはこれらで今後も頑張る。ロープロも気にはなりますがネ。

ラインもフロロ12lbは取り回しが悪いのでベイト用にナイロン12lbを買いました。

フロロはフロロ+(旧)を経て、フロロマイスターを常用。安価で交換頻度を上げてます。

ナイロンも似たような発想でダイワのDEF BASSを購入。

ちゃんと計算して下糸も巻直し、距離の出る量(スプール満タンよりチョイ減程度)で巻いてみた。

装備でいうと、個人的にはあったらいいけど買うとなるとそれなり価格なので躊躇するモノベストワンがマグネットリリーサーです。

ランディングネットを携行するのに便利ですが何気に1000円Overだったりと即買いできずに今に至る。

今まではカラビナで代用してました。

ふと入ったタックルベリーで特価品で450円でゲット。

実際に釣行で使ってみましたが具合良いです。あとは釣るだけか、と。

別窓 | バス釣り 雑多 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 日々雑記 Blog版 | NEXT